一人目は不妊治療でしたが、二人目は自然妊娠で授かりました。そのために私がやったことを書いています。また、産後3年経ちスキンケアにも目を向けています。

二人目を自然妊娠するために実践したこと+ツルすべ肌への道

スキンケア・コスメ

角栓を抜くのはNG!小鼻はますますひどいことになる!

更新日:

こんにちは、こむぎです。

 

本日は、私がやってしまいがちな小鼻周りの”癖”について。

 

小鼻の角栓、ピンセットや爪で抜いたりしていませんか?
え?してる?

うんうん、あれ楽しいんですよね。
角栓がスポッと取れたり、毛穴からニューっと出てきたりすると、なんだか爽快感を覚えます。

でもね、楽しいけれども続けると、後悔することになるんです…!

 

 

角栓抜くの楽しいですよね

汚いから絶対人には言えないけど、私、角栓が気になりだした高校生くらいからずっと癖になってます。
ついつい、鼻に手がいっちゃうんですよね。

で、もしスベスベ〜だとしてもそのまますべすべ触っちゃうんだろうと思います(それも手の雑菌が肌には良くない)。

が、今回問題なのはそこじゃなくて、気づくと爪で角栓を押し出そうとしていることなんですよ…!
(ちなみにスベスベの小鼻は多分、小学生くらいまで??記憶にありません…)

 

角栓がスポッと取れるのは快感です。そして次第にツルツルした触り心地になるのも、たまりません。
これは角栓を抜いちゃう癖がある人にしか分からないと思いますが…

 

ちなみに、今は角栓を抜く動画まであるらしいです!
見てると最初は気持ち悪いけど、だんだんヤミツキになるとか。

 

角栓を抜いたら肌がすごく傷つく

角栓を抜いて肌が簡単にツルツルになるのは楽しいけれど、鏡を見ると小鼻全体が赤くなってるんですよね!
これはいかにも肌への負担が大きいということが、よく分かります。

 

角栓がなくなるどころか増える理由は

これだけ肌を刺激してるんだから、皮膚はこれまで以上に毛穴を守ろう!として、また角栓を作っちゃいます。
つまり角栓=汚れ、という単純な式ではないんです。
角栓は毛穴を守るために出来たものだから、ただ除去すればいいってことではないんですね。

だからむやみに角栓を抜き続けると、次第に毛穴は広がり角栓も大きくなっていくんです……!

毛穴ケアで開いた毛穴はしっかり引き締める!というのはそういう意味があるから。

 

スポンサーリンク

adsense

 

角栓をなくす方法は?

では、どうしたら角栓がなくなるんでしょうか。

今見えている角栓をピンセットや爪で抜くのが一番、物理的には手っ取り早いかもしれません。が、それでは良くなかったってことは今までお話ししてきましたね。

 

一番良い方法は、優しい泡での洗顔です。

ふわふわモコモコの濃密泡で、やさし〜〜く洗顔します。
これはすぐには角栓はなくなりません。最低でも1ヶ月続けないと効果があらわれないため、根気は必要です(笑)

なぜ1ヶ月かというと、お肌の生まれ変わるサイクルが28日〜40日と言われているから。
若い女性は28日周期ですが、年齢が上がるとそのサイクルも長くなるということは頭に入れておきたいですね。

 

もしくは、毛穴ケアのアイテムを使うことでしょうか。
私もこれから色々と試していって、自分の小鼻に合うベストオブ毛穴ケアコスメを探したいと思います。

 

でも完全になくなることはない

角栓をなくす方法について書いてきましたが、それでも完全に角栓をゼロにすることは不可能なんだそうです。
というのも、どんなに肌が綺麗な人でもどこかに必ず角栓はあるから。

確かに小さな赤ちゃんでも、ニキビができたり小鼻の際にポツポツ角栓が出来ていたりしますからね。
(我が子のを発見した時はちょっとした衝撃でした……!)

 

完全に除去できなくても、ある程度綺麗になったら毛穴ケア成功!だと思って、そこを目指していきます。

 

スポンサーリンク

adsense

 

まとめ

角栓をピンセットや爪で抜くのは楽しいです。でもそれが癖になっている人は、要注意!肌を傷つけ、角栓がなくなるどころかさらに増えることになるので、その癖はいますぐやめるべきなのです。

角栓は気になるけれど、なるべく触らないようにすることが大切です。

そして毛穴ケアコスメや濃密泡などで、優しいケアを忘れないようにします。


お読みいただき、ありがとうございます。

↓応援クリックいただけると、頑張れます!
ブログランキング・にほんブログ村へ


adsense

adsense

記事下adsense

-スキンケア・コスメ

Copyright© 二人目を自然妊娠するために実践したこと+ツルすべ肌への道 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.