一人目は不妊治療でしたが、二人目は自然妊娠で授かりました。そのために私がやったことを書いています。また、産後3年経ちスキンケアにも目を向けています。

二人目を自然妊娠するために実践したこと+ツルすべ肌への道

二人目妊活

病院へ行かずに授かりたいけど…。期限を決めるのも大事かも。

更新日:

年が明けてから。久しぶりに、いろんな方から言われました。

「二人目はまだ?」

そうなんですよね。
息子ももう2歳半。
そろそろ二人目を妊娠してもいい頃です。

「頑張ってるんですけどねー^^」

と明るく返事しましたが…帰ってから、落ち込みました。

二人目は自然に授かりたいと思って、漢方を飲んだり生活習慣に気をつけたりと、色々と頑張っています。
(→「妊娠力」を高めるための日々の3つの習慣
排卵検査薬で排卵日を予測してタイミングをとる

でも、果たしてこれがいつ実を結ぶのでしょうか?
それは神のみぞ知るで、次の周期かもしれないし、数年先かもしれません。

 

そもそもわたしは、卵管性不妊症なんです。

 

スポンサーリンク

adsense

 

だから、いくら体質改善したところで卵子が精子と出会わなければ、意味がないのです。

実際、「妊娠するため」の本をいくつか読みましたが

食事管理や生活習慣を整えたところで、
卵管性不妊にはあまり効果がない

という記述がありました。

 

一人目は体外受精で授かりました。

そう、だからこそ「自然妊娠」は難しい気がしていて、また治療してみようかと考え始めたのです。

 

予想以上にストレスを感じました

卵管性不妊だから、自然妊娠する可能性は極めて低い。
それでも頑張ろう!!

と思っていた矢先、周りから二人目のことについて心配され、すごく落ち込みました。

この落ち込みは、一人目不妊のときと同じです。
ここ数日はずーっと、暗いトンネルに入った気分でした。

 

「一人いるからいいじゃないか」
という方もいますが、子供ってかけがえないものです。
人数ではないんですよね。

 

ああ、こんなに思い詰めたら体によくない。
ストレスが一番よくないのに。

そう思いながらも
悩み、こっそり涙し…

 

そして数日後、夫に相談してみました。
「期限を決めて、それまでにダメだったら治療再開したい」

すると夫からはあっけなく
「いいよ。じゃあ3月までにしようか。」
との返事。

 

期限を決めることで、すっと心が軽くなりました

夫の了承を得たところで、ふっとストレスが消えました。

もちろん治療したからといって絶対授かるわけではありませんが、可能性は高くなります。

そこまでしてもダメなら、あきらめられる。

逆に言うと、できる限りのことを試さないと、あきらめられないと思ったのです。

 

さいごに

3月まであと2ヶ月ですが、全力でがんばります。
「治療できる」というお守りを持っているような気分です。

だから期限を決めてみるのも、ストレスフリーになるためには大事だと思います。

 

もちろんそれが「治療」ではなくてもいいんです。
「鍼治療」とか「漢方」など、体質を変えるきっかけを切り札にして…。

 

とりあえずそれまでは、
節約と貯金を頑張らないといけませんけどね^^


お読みいただき、ありがとうございます。

↓応援クリックいただけると、頑張れます!
ブログランキング・にほんブログ村へ


adsense

adsense

記事下adsense

-二人目妊活

Copyright© 二人目を自然妊娠するために実践したこと+ツルすべ肌への道 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.