二人目を自然妊娠するために、わたしが実践したこと!

一人目は不妊治療でしたが、二人目は自然妊娠で授かりました。そのためにわたしがやってきたことについて、書いているブログです。

ぽっこりおなかを改善する、簡単「ながら」法とは?

      2016/09/17

わたしズボラだし外見も美しくないですけど、みにくい歳のとり方はしたくありません。

 

そもそも、「オバサンと感じる見た目」ってなんでしょうね?

・顔全体の老化(しわ、しみ、たるみなど)
・体型の変化(二の腕、おなかぽよ、足のたるみなど)
・姿勢(猫背、がに股など)

 

人によって、気にしているところや気がつくところって様々でしょう。
ある程度のしわやたるみは、仕方のないことだとわたしは思っています。
むしろそれが、年相応の美しさだとも考えています。

 

でも、絶対避けたいのは「おなかぽよ」!
昔からおなかはぽっこりしていて、ぺたんこになったことがなく、コンプレックスだからかもしれません。

 

また、姿勢も気になります。
若い方も年配の方もそうですが、背筋がすっと伸びた人はそれだけでとても美しいのです。
そんな人に、なりたい。

でも毎日運動をする時間はとれません。
そんなわたしと同じような方のために、生活の中で簡単にできる方法をご紹介します。

 

Ads by Google

 

ドローイン法

色々な呼吸法が流行っていますが、簡単なのが「ドローイン法」です。

 

ドローイン法とは呼吸法のひとつで、場所を選ばずどこでもでるのが大きなメリットだと思います。

やり方はこちら。

  1. 思いっきり息を吸い込みます。
  2. おしりの穴を閉め、酸素が逃げ出さないように一旦静止します。この後もずっとおしりの筋肉は閉めたままで。
  3. お腹を凹ませながら、「ハァー!」と口から息を全部吐き出します。このとき、背中とおへそをくっつけるイメージで。
  4. そのままお腹を最大限凹ませ、息をしながら30秒キープします。

目安は1日10セットです。リラックスした姿勢で行いましょう。
呼吸は、吸うことより吐くことのほうが大切です。

 

おなかの筋肉を意識しながら深い呼吸を習慣づける

モデルのSHIHOさんが産後から続けてきたのが、おなかを引きしめながら深い呼吸をすることです。

子育て中、習慣だったヨガなどをする時間もとれなくなったときでも唯一続けてこられた方法なんだそうです。

常におなかの筋肉を意識して深く呼吸すると、引き締まってきます。
椅子に座っているときや歩いているときなど、日常生活でもおなかを常に引き上げて姿勢を正す習慣をつけましょう。
そのおかげで、SHIHOさんは身長が少しだけ伸びたそうです!

 

呼吸は腹式呼吸で

おなかに力を入れ、深い呼吸をする。
これまでに述べてきた、それが腹式呼吸です。

呼吸って、ダイエットにとても効果があります。
だからその呼吸を常に意識しているだけで、やせるということです。
そのうえ酸素を多く取り込む効果もあるので、腹筋が鍛えられたり、腰痛や便秘の改善にもつながります。
背筋が伸びて姿勢も良くなります。

 

場所も時間も選ばず簡単にできるのに色々な効果も期待できる、良いことだらけの呼吸法、実践しない理由はありませんよね!

今すぐ始められます、習慣化してみませんか?


お読みいただき、ありがとうございます。

↓応援クリックいただけると、頑張れます!
ブログランキング・にほんブログ村へ


 - からだを整える