二人目を自然妊娠するために、わたしが実践したこと!

一人目は不妊治療でしたが、二人目は自然妊娠で授かりました。そのためにわたしがやってきたことについて、書いているブログです。

便秘解消した食べ物と食べ方、わたしの場合はこうでした

   

20年間くらい、ずっと便秘体質だったわたしですが、産後にようやく便秘解消できました。

なぜ産後からなのか?
その流れについて、簡単にご説明します。

 

帝王切開の手術で、前日から絶飲食だった

胃腸がからっぽになる

飲食可になっても胃腸の動きが悪いので、下剤の力でスッキリと出す

下剤により腸内の善玉菌が無くなる

カイテキオリゴを毎日2〜3回

続けるうちに、毎日出るようになりました

 

やっぱり一番効果的だったのは、胃腸の中をリセットしたことでしょうか。
とはいえ手術なんて普通ではないので、誰しもが取り入れられる方法ではありませんよね。

それなら一度、下剤を使って腸内をリセットするのも良いかもしれません。

 

Ads by Google

 

なぜ下剤でリセットするのか?

下剤を使うと、腸内の善玉菌までもが流れ出ていってしまうというデメリットはあります。
しかしそれを逆手にとってはどうでしょう。

そして新たに、善玉菌を投入するのです。
(ちなみに私見ですので、下剤を使うのは自己責任でお願いします)

善玉菌は、カイテキオリゴを飲みました。
(→妊娠中でも安心な便秘対策「カイテキオリゴ」は効果があるのか?

 

産後のカイテキオリゴの摂り方

まず、推奨されている「1日5g(付属スプーン1杯)」から始めました。
寝起きに、白湯に入れて飲むのです。

数日様子を見ましたが、効果はいまいち。

 

さらに量を増やそうと、夜にノンカフェインコーヒーに溶かして飲みました。

3日ほど経っても、劇的な変化はみられず。

 

朝夜だけではなく、昼間もコーヒーに混ぜて飲んでみました。

するとようやく、毎日便通があるようになったのです!

つまりわたしの場合は、5gを1日3回、つまり1日15gの量で便通が整いだしたということになります。

 

その後は様子を見ながら、朝夜だけに量を減らし、
今では夜だけ、5gを摂っています。

 

夜のカイテキオリゴ5gの摂り方

夜に納豆を食べると健康に良いらしいので、毎晩納豆を食べています。

そして納豆は便秘にも効果があるので、そこへスプーン1杯のカイテキオリゴをかき混ぜて食べるのです。

お見苦しいですが、パックのまま(笑)
IMG_2958

カイテキオリゴはほとんど味がないものの、ほんのりとした甘さがあります。
それが納豆の醤油タレに混ぜると甘辛くなって、一層美味しくなるんです
ご飯、すすみますよ〜^^

 

わたしは毎晩こうして食べていて、便秘解消しました。

3日に一度、しかも少しだけ便通があれば良いほうだったのに、いまでは毎日便通があります。

 

でもまだ完璧ではない

本当に良い便は、柔らかいバナナ状なんですよね。
わたしも毎日便通があるようになったとはいえ、まだその状態ではないのが小さな悩み。

たぶん、まだ水分が足りないんだと思います。
1日2リットル以上飲んでいるんですけどね。

授乳中だから、そちらに水分が取られているせいかもしれません。

本当に便秘解消するなら、授乳中は1日3リットル以上の水分をとるべきなんでしょうね。

 

水分量を増やすことを心がけてみようと思います。


お読みいただき、ありがとうございます。

↓応援クリックいただけると、頑張れます!
ブログランキング・にほんブログ村へ


 - 便秘を治す