二人目を自然妊娠するために、わたしが実践したこと!

一人目は不妊治療でしたが、二人目は自然妊娠で授かりました。そのためにわたしがやってきたことについて、書いているブログです。

漢方は絶対的な効果があるわけではない?

      2016/09/27

tanpopo

ただいま妊活中のわたしは、8ヶ月前から漢方を飲み続けています。

漢方は、効き目が弱いというイメージがありませんか?
薬のほうが、即効性がありますよね。
風邪薬にしても、不妊治療の薬にしても、効き目が早いので頼りたくなる。

実際、漢方を飲み続けているわたしも、期待していた効果が出ないこともあったのです。
漢方=体質改善、だと思っていたのになぜだろう?と疑問を抱くようにもなりました。

そこで、漢方を処方してくれる薬剤師さんに質問してきました。

 

Ads by Google

 

わたしの期待していた効果

わたしは生理周期が32〜47日と長い上に不安定だったので、まずはそれがしっかり安定することを期待して漢方を始めたのです。

飲み始めて始めのうちは、少しずつ短くなりだしました。
おかげで月経〜排卵の長さも人並みになり、妊娠への確率が少し上がったと喜びました。

 

しかしあるとき、再び排卵までが長くなり周期も延びてしまったのです。
それでも「そういうときもあるのかな」程度で気にしていなかったんですが。

 

最近また、不安定になる周期が訪れたので、「漢方飲んでるのにどうして?」と疑問がわいてきたというわけです。

 

なぜ効果が出ないことがあるのか?と聞いてみました

具体的にいうと、「排卵が遅れて周期が長くなることもあるのは、なぜか」ということです。

それに対する、薬剤師さんの答えは以下のとおりでした。

  • 漢方は補助的な考え方だから、漢方を飲んでいるからといって、必ず効果が現れるとは限らない
  • 病院で処方される薬は、即効性がある。その代わりに副作用もある。

そうですね。
確かに、漢方を飲んでいて副作用を感じたことはありませんでした。

それより、気になっていた部分以外にも効果があらわれていることにも気づいたのです。

例えば

  • イライラしなくなった
  • 基礎体温がガタガタしていたのが、なだらかになった

などです。

 

漢方の効き目は薬ほどではありませんが、副作用もなく安心できるものなんですね。
広くゆるやかに効くので、体への負担もかからずに済むという利点もあります。

 

不妊治療でホルモン薬を飲むのに抵抗がある方は、一度、漢方薬局を訪ねてみてはいかがでしょうか。


お読みいただき、ありがとうございます。

↓応援クリックいただけると、頑張れます!
ブログランキング・にほんブログ村へ


 - 二人目妊活