二人目を自然妊娠するために、わたしが実践したこと!

一人目は不妊治療でしたが、二人目は自然妊娠で授かりました。そのためにわたしがやってきたことについて、書いているブログです。

口内炎には塩が効く!驚くほど早く治りました。

      2015/07/18

口内炎になったことありますか?
口内炎薬のCMじゃないですけど、本当に本当に痛いんですよね。
特に、醤油系がしみてしみて、食事が辛い。
itami

わたしは2ケ月に1回は、唇の中を噛んでしまって口内炎になるパターンです。
たまに、ホルモンバランスが原因で口内炎になることもありますけどね。

 

どちらにしても、治るまで1週間〜10日くらいかかってしまうのです。
その間、食事はもちろん、歯磨きするのも一苦労だし、時には笑ったときにも痛みを伴います。
普通の生活のあらゆる箇所に支障がでるのは、意外と大変なのです。

 

そんなとき、塩を塗り込むといい、という情報を得たので試してみました。

 

これまでに試したもの

昔から、噛んで口内炎になることが多かったわたし。
いろいろと試してきました。

飲み薬、パッチ、塗り薬。
なかでも塗り薬が一番効いている気がしたので、最近はずっとそれを使っていました。
もっとも、即効性があるわけではありませんが。

 

塩を使ってみた

やり方は、塩を患部に擦り込んで10秒後、口をすすぐだけです。
1日1回、それも10秒だけなので我慢できる!と挑んでみました。

でも、塩をつけただけで涙が出るほどの痛み。
結局、つけて10秒間がまんして、口をすすいで終わりました。

ところが、その効果はすぐあらわれたのです!

すすいだ直後から、痛みが少し和らぎました。

そして翌日。
小さいのと大きいのと2つできていたんですが、なんと小さいほうは消えていました!そして大きなほうも、かなり楽になっていました。

二日目になると、ほぼ治ってきました。痛みはほぼありません。

 

これはすごい!
ここまで即効性があるなんて、驚くと同時に、とっても嬉しい方法です。

 

塩がなぜ効くのか?

塩には殺菌効果があります。梅干しの効果を考えると、納得できますよね。
それにより、ウィルスを追い出す作用があるから治りが早いんだとか。

しかも、塩は天然塩のほうが、効き目が高いようです。
(参照→http://masio.1coinlife.com/sio/kounaien.html

 

濃い目の塩水で毎日うがいをすると、予防にもなります。
でも習慣化するのは大変…という人は、できかけたところで、すぐ塩を塗りましょう。
なにごとも早期発見、早期治療が一番ということですね。


お読みいただき、ありがとうございます。

↓応援クリックいただけると、頑張れます!
ブログランキング・にほんブログ村へ


 - ボディケア