二人目を自然妊娠するために、わたしが実践したこと!

一人目は不妊治療でしたが、二人目は自然妊娠で授かりました。そのためにわたしがやってきたことについて、書いているブログです。

主食や甘い物をよく食べる人は注意!排卵障害になっている可能性も?

      2016/09/27

cake
ご飯やパンなどの炭水化物や、甘いおやつには糖質がたくさん含まれています。

忙しいと、ついついおにぎりやパンだけになりがちですが、食べ過ぎると低血糖症になる恐れがあります。

 

低血糖症とは?

糖質が高いものを食べると、急激に血糖値が高くなります。
それ自体は正常で、誰にでもあること。

問題なのは、糖質の多いものをよく食べて、血糖値の上下を繰り返すことにあるのです。

 

結果、血糖値の調節がうまくいかず、自律神経も乱れるというスパイラルに陥ることも。

 

こんな人は要注意

以下の項目に当てはまったら、低血糖症の恐れがあります。

  • 空腹時イライラする
  • 食後に眠くなる

なぜかというと、低血糖は脳が栄養不足になっている状態だからです。

 

実際、独身時代のわたしも食後は本当によく眠くなりました。
原因はやっぱり、食生活にあったようです。

 

<OL時代のわたし>
ランチはおにぎりやパンだけ

15時頃にはお腹が空くので、おやつに甘いものを食べる

残業中も、チョコレートなど甘いものを口に入れる

 

さらにひどいときは、夕方
極度の空腹感とともに手足がしびれることもありました。

当時は特に気にも留めていなかったんですが、実は低血糖だったとは。

 

低血糖がおよぼす、不妊の原因

「甘いものや糖質は妊活によくない」というのは、実はきちんとした理由があったのです。

  • 排卵障害の重大な原因になる
  • 子宮内膜症の発症や進展が促される

だからこそ、妊活中の人は糖質の過剰摂取に注意したいですね。

 

具体的にはどうすればいい?

基本的には、糖質をあまりとらないようにします。
甘いものはもちろん、主食も控えめに。

とはいえ主食をまったく食べないわけにはいきません。
白い炭水化物をやめて、茶色いものに変えるのです。
例えば

  • 白米 → 玄米
  • 普通のパン → 全粒粉パンやライ麦パン
  • うどん → そば
  • 普通のパスタ → 全粒粉のパスタ

などです。

 

またお腹がすきすぎると、食べたとき血糖値が急上昇しやすいので、1日5食にして「少しずつちょこちょこ食べ」をしてみるのも効果があるようですよ。


お読みいただき、ありがとうございます。

↓応援クリックいただけると、頑張れます!
ブログランキング・にほんブログ村へ


 - 二人目妊活