二人目を自然妊娠するために、わたしが実践したこと!

一人目は不妊治療でしたが、二人目は自然妊娠で授かりました。そのためにわたしがやってきたことについて、書いているブログです。

ファンデーションのムラを簡単に解消する3つのポイント

      2016/07/09

ファンデーションをつけるとき、ムラになって綺麗に塗れないこと、ありませんか?

部分的に色が強くなってしまったり、まだらになってしまったり。

そんなときは、3つのポイントに気をつけるだけで解消できます。

 

その1:肌が湿りすぎていないこと
その2:パフよりブラシを使うこと
その3:数回に分けて少量ずつつけること

では、それぞれについてご説明しますね。

 

Ads by Google

 

その1:肌が湿りすぎていないこと

化粧水などで肌を整えた直後に、ファンデーションを塗っていませんか?

保湿クリームや化粧下地でも同じことですが、肌の水分量がある程度落ち着いていないと、ムラになります。

 

その2:パフよりブラシを使うこと

パフはカバー力がある代わりに、ムラにもなりやすいです。
肌にたくさんついてしまうと厚塗りになり、修正もしづらくなります。

その点、ブラシならささっとなでるだけで、塗り過ぎた部分のパウダーが程よく落とせます
自然な仕上がりにもなるので、わたしはブラシが気に入っています。

(こちらの記事の後半で、ブラシの使用感を述べています
ファンデーションのカバー力が欲しいとき

 

その3:数回に分けて少量ずつつけること

一気につけるからムラになりやすいのであって、少しずつ丁寧につけていけばムラになりません。
パフでもブラシでも、
軽くファンデをひとなで → さっと肌に塗る → またファンデをひとなで → 塗る…
というふうにすれば、美しい仕上がりになります。

 

さいごに

ムラになるときは、たぶん、急いで化粧をしているときだと思います。
でも上記のポイントに気をつけて丁寧に塗ったとしても、たいして時間はかからないので、一度試してみてください。

ちなみにわたしが愛用しているミネラルファンデはムラにならず、薄付きで自然な仕上がりです。
皮膚科医がすすめるミネラルファンデーションできめ細かい陶器肌


お読みいただき、ありがとうございます。

↓応援クリックいただけると、頑張れます!
ブログランキング・にほんブログ村へ


 - スキンケア・コスメ