二人目を自然妊娠するために、わたしが実践したこと!

一人目は不妊治療でしたが、二人目は自然妊娠で授かりました。そのためにわたしがやってきたことについて、書いているブログです。

不妊治療も自然妊娠も、肝心なのは心持ち!

      2016/09/27

いま、二人目以降のお子さんを
望まれている方は、
不妊治療中でしょうか?

それとも、
自然妊娠をめざしていますか?

kodakaragusa

どちらにしても、
努力をする・がんばる、という
根本的な点では同じなんですよね。

 

ただ、わたしが一人目のとき
不妊治療していて感じたことがあります。

  • 病院へ通って不妊治療していたら、プロの目で診察・判断してもらえるから、安心。というか安心しきってしまうから、それはデメリットかもしれません。
  • 通うことや治療の痛みはもちろん、金銭面でもストレスになることが多かったです。

 

だから二人目のときは、
不妊治療は
選択肢から外していました。

ただでさえ
上の子の育児が大変なのに、
さらに治療を始めたら
ストレスでいっぱいになると
思ったからです。

妊娠しやすい体には
ストレスは大敵なはずなのに、
それだと本末転倒…。

だからと言って
治療を諦めたわけではなく、
治療するなら最終手段のつもりでいました。

 

Ads by Google

 

その代わり、
自然妊娠を目指すと決めたからには、
きちんと頑張ろうと思いました。
(治療中も頑張っていましたけどね!)

 

気持ちの面で、一番気をつけたのは
自然妊娠するぞー!できる!
と前向きな気持ち
でした。

それが、妊娠体質を
「引き寄せる」ような気がしていたからです。

 

たとえそれが
妊娠の引き寄せではなかったとしても、
体質が良くなったり
女性ホルモンのバランスが整ったりと、
気持ちを高めることで
良い効果があることは
否めない
ですからね。

 

引き寄せの法則
嫌いな方は嫌いだと思うんですが…
やっぱり多少は、
あるんじゃないのかなと
私は考えています。

何事でもそうですよね、
マイナス思考よりは
プラス思考でいるほうが、
あらゆることを
克服したり成功したりできる。

 

とまあ、少しだけ
スピリチュアルな面をお話ししたところで。

 

不妊治療にしても自然妊娠にしても、
妊娠という目標を達成するまでは、
暗いトンネルのなかにいる気分なのは
同じですよね。
(妊娠がゴールなわけではないのは、言わずもがな)

 

わたしの場合、
治療をしているときは
「治療しているのに
どうして報われないんだろう…」と
ネガティブな考え方だったんです。

が、自然妊娠をしようと決めてからは、
「結果が出ないのは、
まだやれることが残っているからだ!
いろんな方法を試すチャンスだ!
みたいに、ポジティブに考えていました!

 

これは二人目不妊だからこそ、
の思考かもしれませんが…
(子供が一人いるから、
一人目不妊のときよりは余裕がある)

 

結局は、
不妊治療にしても自然妊娠にしても、
気の持ちようだと思うんです。

不妊期間も長期に渡るほど、
どうしても気分が
落ちてしまうのは仕方のないこと。

 

そういうときは、どこかで
切り替えを作るといいですね。

もう夫婦二人だけでいいや!とか
ここまで自分で頑張って
できなかったら、治療再開しようとか。

 

ただ、頭のどこかで、
その反対のことを思っていたら効果ない
です。
きちんと割り切ることが大事!

 

結局まとめると、
前向きにいるために
自分が楽な考え方をするといいよねってことです。

ずっとポジティブでいろ、
と言われても
そう簡単なことではないですからね。

どこかで線引きをして、
逃げ道を作ってあげていたら、
ストレスなく引き寄せることができるはずです。


お読みいただき、ありがとうございます。

↓応援クリックいただけると、頑張れます!
ブログランキング・にほんブログ村へ


 - 二人目妊活