二人目を自然妊娠するために、わたしが実践したこと!

一人目は不妊治療でしたが、二人目は自然妊娠で授かりました。そのためにわたしがやってきたことについて、書いているブログです。

妊娠したいなら、便秘を治しておいたほうがいい3つの理由

      2016/09/27

妊活をするうえで、便秘はいけません。
という情報を耳にしたことがあるでしょうか?

まあ、体のためにはそりゃ良くないよな〜
と、なんとなく分かるような気はしますが…

toilet-paper

では、なぜ便秘って妊活によくないのか?

と言いますと、

便秘=お腹の冷え、体の冷え
便秘=腸と子宮が近い
便秘=老廃物がたまっている状態

だからです。

もう少し詳しく、ご説明しますね。

 

Ads by Google

 

便秘=お腹の冷え、体の冷え

「冷えは妊活の敵」というのはご存知かと思います。

その冷えは、腸にも良くないんですね。

腸が冷えると、動きが鈍くなる。

結果、便秘になる…というわけです。

 

便秘=腸と子宮は隣り合わせ

腸と、子宮や卵巣などの位置が
とても近いため、
便が溜まると子宮などを圧迫します。

そのせいで、子宮などが
正常な動きができなくなることがあります。

 

また、便秘改善で腸の動きを活発にするために、
お腹を温めるという手法があります。

これは腸のためでもありますが、
子宮のためにもなるんです。

腸が温まり便秘解消し、
子宮も温まって本来の動きを取り戻し、
妊活もうまくいく…
という相乗効果がありそうです^^

 

便秘=不廃物が溜まっている状態

デトックスって、大事なんですよね。

新陳代謝を上げて、
体の巡りを良くするためには
不可欠です。

体の巡りが良くなれば、
子宮の働きだって良くなるはず。

 

そうそう、
便秘のままでは、授かった後にも影響します。

腸が不廃物を排出しようとしたときに
子宮も一緒に動いてしまって、
流産の可能性もゼロではないんだとか。

 

だからやっぱり、便秘は治しておいたほうがいいです。

 

便秘解消に腹筋は必要?

ちなみに。
便秘の時、いきんでもなかなか便が出ないのは、腹筋が弱いから…
というのを聞いたことありませんか?

わたし、長いことそれ信じてきたんですが
そもそも、良い便っていうのは、いきむ必要もないんです。
するりと出てきます!

だから腹筋とか、関係ないです!

生きるのに必要なだけの腹筋があれば、十分です(笑)


お読みいただき、ありがとうございます。

↓応援クリックいただけると、頑張れます!
ブログランキング・にほんブログ村へ


 - 便秘を治す